iPhone7の防水でなく耐水!実験動画の感想や水没故障は保証対象外?

iPhone7が日本で発売されてもうすぐ一週間が経とうとしています。目玉機能と注目されていた防水も実は耐水だったということで、どこまで大丈夫なのか?という疑問に答える水没実験動画が話題になっていますね。

iPhone7耐水

あと知っていましたか?防水ではないので、水没させて故障しても保証は対象外ということを・・・。

また、iphone7を買おうか迷っている人のためにすでにiphone7を手にしているユーザーの感想なんかもまとめていきましょう。

スポンサーリンク

iPhone7は防水ではなく耐水!その違いとは?


iPhone7は当初、防水機能がある言われていましたが、蓋をあけてみると耐水でしたね。

靴とかにも完全防水やら耐水やら区分が分けられていますが、iPhone7の場合はどうなのでしょうか?


iPhone7の耐水機能はIP67という規格で・・・


・粉塵が内部に入らない

・1mの深さの水に30分間浸けておいても耐えることができる



というものみたいですね。


このIP◯△という数字については、△の数字が防水のレベルを表します。

iPhone7の場合はIP67なので、防水レベルは7!

防水にはもうひとつ上のレベルがあって

”継続的に水没しても内部に浸水しない”

という8のレベルがあります。


ということで、iPhone7は防水ではなく耐水ということですね!

調子にのって水に浸けておいたら故障してしまいますよ!!

iPhone7の水没実験動画!


さて、それでは本当に30分間水に浸けておいても大丈夫なのか?

買ったばかりで、やってみる勇気は私にはないですが、youtubeで水没実験動画をアップロードしている人がいましたね(笑)



すごい!

30分間浴槽に浸けておいても、特に支障なく使えているのがわかりますね。

しかし、あくまでもこれは基準であって何らかの複合的な要素(水圧とかiPhone7の経年劣化など)が絡むと、同じ条件でやっても水没故障してしまう可能性もありえますので、極力水とは触れさせないのが無難です。


あくまでも、万が一の時のための保護機能だと思って使用してください(笑)

iPhone7は水没して故障しても保証対象外?


Appleの公式HPにも記載されていますが、iPhone7は水没(水濡れ)による故障は保証の対象外としています。

耐水の機能もあり、それなりに仕事をしてくれはするけど保証をするものではないと言っているのです!


まあ当然と言えば、当然ですよね。


防水とか謳ってしまえば、積極的に水に濡らして使いたがるユーザーが増えるに決まっていますし、壊れたら『保証だ!保証だ!!』とうるさいのは一目瞭然です。

ここに保証をつけなかったのは、やはり耐水機能というものはあくまでも万が一の時の保護機能であるという認識なのです。


おそらく防水と書いても問題ない性能だと思うのですが、あえて耐水と記載してあるのだと思いますよ!

スポンサーリンク

iPhone7の感想やレビューまとめ!


さて、ここから実際にiPhone7を使っているユーザーの生の声をまとめていきましょう。




スクリーンショットの音が若干、大きい?

あとはスクリーンショットをする際にサイズが大きくて、両手を使わないといけないとのこと。

まあ、サイズに関してはiPhone6と変わらないので、iPhone5からの乗り換えユーザーにとっては新鮮でしょうね。





これは今話題になっているiPhone7の発熱問題ですね。

これに関してはバッテリー消費の早さも話題になっており、過去にiPhone5を販売していた時はApple側で無償保証をしていましたが、今回はどうなのでしょうか?





やはり良い意見で多いのは、カメラの性能が上がったことに対しては好評化でしたね!

あとワイヤレスのイヤホンは、まだ感想やレビューはあまりない状態ですが、個人的には紛失してしまいそうで恐いな~というのが本音です(笑)

あとがき


今回はiPhone7の販売直後の状況についてまとめてみました。

やはり水没実験をやる人が出てきましたね。でもせっかく手に入れたiPhone7なんだし、大事に使いましょう(笑)

また、新たな情報が入り次第更新していきますね♪


スポンサーリンク



コメントはこちらから!メルアド等は不要ですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ