伊坂幸太郎の本名は?面白い性格と話題に!結婚してて妻や子供は?

小説家の伊坂幸太郎(いさかこうたろう)さん!

伊坂幸太郎



『ミステリー文学界に伊坂あり』とも呼び声高い小説家ですね。


独特でおしゃれな言い回しが特徴的な作風で読む者を魅了します!

『重力ピエロ』などの数々の代表作は映画化もされてますし、
もはや伊坂幸太郎を知らない人はいないんじゃないかと思います|д゚)


とは言え、伊坂さんのプライベートな話題は謎ですよね?


そもそも伊坂幸太郎って本名なのか?ということも気になりますし、


どんな性格なのでしょうか?


結婚とかもしているんですかね??


むむ、気になりますね・・・(; ・`д・´)

ということで、今回は小説家・伊坂幸太郎さんについて調べていきましょう!

スポンサーリンク

伊坂幸太郎のプロフィール


伊坂幸太郎さんの基本プロフィールはこちら!

伊坂幸太郎2

誕生日:1971年5月25日

出身地:千葉県松戸市

血液型:B型

学歴:東北大学法学部卒業

代表作:ラッシュライフ、重力ピエロ、オーデュボンの祈りetc…



大学卒業後はシステムエンジニアとして普通にサラリーマンをしていたみたいですね。

サラリーマンをしながら、文学賞に応募して2000年『オーデュボンの祈り』で受賞。


その後は仕事を辞めて、専業の作家となりました。

2002年『ラッシュライフ』で評論家からの評価を受け、
2003年『重力ピエロ』で一般大衆にその名前が認知され始めました。


書いた作品は本屋大賞にはよく選ばれるのですが、直木賞はいまだ獲得しておらず
『ゴールデンスランバー』では直木賞候補にノミネートされるも自身から辞退をしています。


伊坂幸太郎の本名は??


伊坂幸太郎という名前は本名なのでしょうか?


どうやらペンネームで本名ではないらしいですね。



ネットで調べた情報によれば、
伊坂さんのお父さんは銀座で宮坂画廊のオーナーらしいです。


ということは名字は「宮坂」ということ?


「幸太郎」については本名の可能性が高そうですが、
もしかしたら漢字をもじっている可能性はありそうですね。


「伊坂幸太郎」はミステリ作家の西村京太郎さんと、
同画数の漢字を選んでつけているみたいなんです。


だから「こうたろう」を画数に合うように「幸太郎」にしたのではないか?


あくまで推測ですが、「宮坂こうたろう」が本名ではないかと思います(;^ω^)

スポンサーリンク



伊坂幸太郎の性格は面白い??


伊坂さんの性格についてです。


まずはサッパリとした性格みたいですね(‘ω’)


伊坂さんの小説の舞台は、高確率で居住地である宮城県仙台市なんです。

これは「取材のために遠くに行くのは交通費が勿体ないのと面倒だから」とのこと(笑)


サッパリしてますね~(笑)

私だったら取材で遠くに行くのは楽しそうだな~と思いますが(;^ω^)


あと結構大雑把な性格とも言われています。

作品のストーリー構成が勧善懲悪ですね。っと言われたときに

「王道で一定の需要があり、細かなことを考えなくて済むから」

と答えています。


シンプル イズ ベスト(笑)


あまり細かいことは気にしないタイプなんでしょうね!

『オーデュボンの祈り』が受賞したらすぐ独立しましたし、思ったら行動タイプ


伊坂幸太郎は結婚している?妻や子供は??


伊坂さんって結婚しているのでしょうかね?

あまり話題にならないですが、気になったので調べてみました。


まず伊坂さん結婚はしています

いつからとかは分からないのですが、子供も息子さんが一人いるみたいですよ。


息子さんとはよく口喧嘩をするみたいで、その時に出てきた罵声を作品に流用しているのだとか(笑)

日常からアイディアを引っ張ってきていますね(;^ω^)


奥さん(妻)については一切情報がないため、一般の方だと思われます。

小説「モダンタイムス」で佳代子という、ちょっと恐い妻がいるのですが、
もしかしてモデルは・・・奥さん?ではないかと思っています(笑)


子供との口喧嘩を作品に流用するくらいですから、ありえない話ではないですよね(笑)


あとがき


今回は小説家・伊坂幸太郎さんについてまとめてみました!

人気小説家ですが、プライベートは謎が多い人ですよね~。

テレビとかのメディアとかにも出演しませんし・・・いつか映画の番宣で出演しないかな~。

もっと正確で詳しい情報が出回ったら、また記事を更新していきます!

それでは今回はこれで失礼します!最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク



One Response to “伊坂幸太郎の本名は?面白い性格と話題に!結婚してて妻や子供は?”

  1. 匿名 より:

    小説の舞台が宮城県が多いのは伊坂さん自体が宮城県に住んでいて現実と違ったことを書いても現地の人に伊坂さんはわかって書いてるんだなと察してもらえるからだそう。交通費がかかるからというのは初耳でした。

コメントはこちらから!メルアド等は不要ですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ